航空大手が中部路線を増強


国内大手航空会社が中部国際空港発着の路線を増強します。

全日空は米ロサンゼルス便を2008年夏にも就航させる方向で

検討しています。

JALは既設のパリ便を強め、アメリカ便の新設も視野に入れて

います。

全日空のロサンゼルス便は、中部経済界の就航要望が強いためです

ロサンゼルスが世界有数の半導体メーカーの集積地だから

でしょう。

JALはパリ便を優先させるようです。

現在セントレアでは海外31都市、国内25都市に就航しています。

しかし海外路線は中国などアジア路線が大半なので、中部経済界は

ヨーロッパの航空会社などに中部国際空港への就航を働きかけて

います。

中部の企業が海外へ活動を拡げていることを考えると、もう少し

国際路線が充実していてもおかしくはないでしょう。

6/7/2006


ブログランキングに参加中
ご協力のワンクリックお願いします
人気blogランキングへ
ご協力に感謝します

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。